省エネ・・・・・所さんの目が点、常識のワナ

 今日、「所さんの目がテン(日本テレビ17:00)」で省エネを特集していました。
 夏の3大消費家電であるエアコン、冷蔵庫、テレビの思わぬ常識のワナが・・・。
 
 ・エアコン:冷房と除湿どちらが電気を食うか?
   正解は除湿。
    実験結果 2時間 28度設定 390wh
                26度設定 606wh
                除湿 708wh
ということで除湿は電気食い。
   除湿は温度を下げて除湿するが、温度を保つために温めるためだそうだ。
   なるほど、除湿設定でエコだと思っていたが、間違いでした・・・反省!。

 ・冷蔵庫:冷気保護用ビニールシートは有効か?
   ビニルシートを付けることにより、探し難い、出し難いで実験では結果的に
  電気アップ、プラスドアポケットの冷却不足等の負の要素あり。
   なるほどと思うが、これは工夫することにより克服可能になりそう。
   どこになにを入れるかちゃんと整理・整頓、ドアポケットには、あまり影響
  の無いものを入れること、かな?

 ・テレビ:待機電流カットのため主電源オフは有効か?
   現在の液晶、プラズマテレビの待機電流は0.1Whだそうである。
   従って、
      0.1wh☓24h☓365日☓23円/kwh≒20円
   主演源付けっぱなしでも年間20円の電気量とのこと。
   テレビの待機電流が騒がれたのはブラウン管方式の時代のこと
   ブラウン管の時代は直ぐに映像が出るようにブラウン管を温める
  ための電流があったための名残とのことです。
   これぐらいであれば、省エネの観点からは主電源を点けっ放しでも
  OKですね。でも、安全のためには念の為に消したほうが良いかも。

 以上、とてもに勉強になったので自称省エネの達人である愚妻に自慢すると、
テレビ以外の件については
  「ちょっと、考えれば分かること!、当たり前よ!」
 との辛口評価・・・・。
 妻よ!、あなたは凄い!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック