今年は蝉が少ない?

 ベランダに蝉がひっくり返っていたので、拾って捨てようと
すると未だ生きている。
 うつ伏せになる力も残っていない死を待つ最期の蝉であろう
と思ったが、案外、指に絡みつく足の力はまだまだ強く、蝉の
生命力、恐るべし!。
 そうだよな、5~10年、幼虫として地中で過ごし、成虫になって
2週間の儚い人生・・・・。最後」まで、精一杯、生きてくれよ!。
画像

 そういえば、巷でも言われているように、例年よりも蝉の数
が少ないようだ。
 近所の神社でも地面から幼虫が這い出す穴や幹に抜け殻
が少なく、蝉の鳴き声も心なしか小さいような。

 よく、生物の生態の異変は、・・・・・天変地異の前兆とか?
 何かまた、起こらなければ良いが・・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック