松輪サバを食べに行ってきました。

 西の関サバ、東の松輪サバと称せられる程の高級ブランドサバ
を現地、三浦半島松輪へ食べに行ってきました。
 妻のグルメな友人のお誘いを受け、2年振の松輪サバである。 
 鎌倉から友人の車に便乗し地魚料理松輪へ。11:10頃到着したが、
開店は11:00だというのに、お店の1階の待合室は人がうじゃうじゃ。
予約シートに名前を記入し、待つこと40分。やっと順番が。
画像

 おじさんと友人は〆サバ+焼き〆サバ+焼きサバの定食(2,600円)、
サバが苦手?な妻は地魚刺身定食(2,300円)を注文。
 待つこと10分、料理が運ばれてきたが焼きサバがでかい!。身も
しっかりしており、ふり塩と相まってあまくうまい!。
画像

 〆サバもプリプリ、焼き〆サバも皮が香ばしい。焼きサバに付属の
サバ煮もやはり身がしっかり、そしてよく味が染みこんで旨い。
 これにごはん、あさりの味噌汁、おしんこ、小鉢、デザートが付いて
この値段であれば、大満足でした。
画像

 地魚刺身も内容豊富。金目鯛、ワラサ、カンパチ、アジタタキ、マグロ、
〆サバ。どれもプリプリで特に金目はあまくて最高でした。
 夜も茅ヶ崎の名店えぼしで夕食。さかな三昧の一日でした。
 疲れた・・・・・・・・・。