受けてきました。家庭の省エネエキスパート検定 

 テキトーなおじさんでもちょっと忙しくて、久しぶりのブログです。
 先週、家庭の省エネエキスパート検定を受けてきました。
会場は上智大学、正門を入って暫く歩くと、A3ぐらいの大きさの
案内看板を持った係員が一人。省エネか・・・・地味だな。
 教室内はたっぷり余裕を持った配置で受験生40人、係員3人。
これが10教室ぐらいか。大規模な情報処理試験なんかと違って
コジンマリ。さすが、省エネ検定。
 回りの受験生を見ると、この検定の性格から真面目そうなおじ
さんおばさんが多く、若い人は少なかったような気がする。
 試験は1時間ずつ、3科目、各28問。30分経過後、退室できるの
だが、おじさんはとてもそんな余裕は無く、時間いっぱいを使ったが、
後ろの席の30前後の若者は、なんと3科目とも30~35分で退室・・・、
問題文を読むだけでも大変な量なのだが・・・、頭いいんだな。
 問題は大部分がテキストからの出題で、よく読んでいれば正解
が導き出せる様な問題ばかりだが、引っ掛け問題も少々。
 合格は各科目2/3以上程度、各100点満点で67点以上か、自己
採点ではなんとか合格はできそうだ。

 ところで気になったことが2つ。
 1.本人を確認できる身分証明書等を持ってこいと書いてあった
   のに、本人確認をしていない。
   替え玉受験をやっても意味無いが、OKということか?
 2.試験監督が最後に確か12月末までに試験結果を郵送とか
   言っていたような気がする。早いな~と思ったが、帰って試験
   要項を確認すると結果は1月下旬までに郵送とのこと、どっち
   なのか?
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック