オルフェーブル???強い!!化け物だ!!

 こんなレース見たことない!?
 オルフェがスローペースに耐え切れず、2周目の
2コーナーから先頭に立ち、3コーナーでは外に膨れて
急ブレーキ一旦停止し、最後方に後退、そして、
再度加速し、4コーナー大外ぶん回して1/2馬身差2着。 
実力桁違い、化け物だ、マトモなら馬なりで15馬身以上
の大楽勝か・・・・・。
 阪神大賞典、G2だよ!。昨年、一昨年の春天皇賞馬2頭
と一昨年の菊花賞馬がいたというのに・・・・・。
 1985年シンボリルドルフが楽勝で逃げ切った日経賞(G2)
を思い出したが、それ以上の衝撃でした。
 やんちゃな馬が悪いか?、騎手のコントロールが悪いの
か?判らないが・・・・とにかく今回のレースでマトモに走
れば凱旋門賞もすぐそこにあるのがはっきりしただけに、
どうする?どうする?
 今後、馬主であるサンデーレーシングと池江調教師は
どう動くのか?調教し直し?、騎手交代?
 どっちにしても楽しみが増えましたね。とりあえず、
4月末の天皇賞をマトモな競馬でぶっちぎって欲しい!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック