完全なる報復@DVD ★★★★☆ ネタバレご容赦

 妻子を殺された主人公の、有罪率を上げるために司法取引で
極刑を軽減した敏腕検事とその司法制度に対する復讐劇。
画像
 
 つい最近、光市母子殺人事件で被害者のご主人の執念が実り
死刑判決が確定したが、ここ何年か、いわれなき殺人事件の末に、
理不尽な量刑で収まってしまうことが多かったように思う。
 刑事モノのドラマでもよくテーマとなるが、
  「罪を憎んで人を憎まず」、
  「復讐しても死んだ被害者は喜ばない」、
  「犯人が厚生するのが一番の供養」
 とかいう高尚な論理、低俗なおじさんは第三者としては理解
できるが、当事者としてそんな事が言える人は、ほんとうにいる
のか?と疑問である。
 未成年ということで刑が軽くなることを計算するクソガキの犯罪、
精神的に病んでいたということで死刑を逃れるとか・・・・、被害者
の家族としたらとても受け入れられない問題である。

 法律を少しでもかじったことがある人はお分かりかと思うが、法律
の条文には原則的なことしか書いて無いので、その条文の解釈は
いろいろ、条文の行間を読まなければならないので、犯人、被害者
それぞれの立場での都合の良い解釈を主張する裁判が必要となる
のである。それもいろんな法律を引用して。
 
 でも、この物語では、主人公はその法律を逆手にとり、計算しつく
された計画どおりに復讐劇を実行し、ある意味、痛快である。ガンバレ
と応援したくなってしまうほどだ。
 主人公は監獄にいるのに、外の世界で着々と殺人が実行され、
町は恐怖のどん底、戒厳令が施かれて・・・・・・。
 10年間の準備とスパイ顔負けの設定とか、ちょっと現実的では
無いが、映画だから・・・・、許しちゃおう。

 最後はちょっと残念な結末だが、主人公がニヤッと小さく笑ったこ
とで復讐が達成されたと確信?
 仲間や裁判の関係者(弁護士、判事、犯人)を殺され、生き
残った検事は娘のチェロの発表会で幸せを実感するが心底
素直には喜べないだろう・・、これから一生・・・。
これが一番の復讐か?

注)報復と復讐の意味は違うみたいだが、今回は復讐と理解

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー レンズ

    Excerpt: 完全なる報復@DVD ★★★★☆ ネタバレご容赦 テキトーなおじさんの適当な生活/ウェブリブログ Weblog: オークリー レンズ racked: 2013-07-06 00:43
  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 完全なる報復@DVD ★★★★☆ ネタバレご容赦 テキトーなおじさんの適当な生活/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 20:55