オリンダのリストランテ@DVD ★★★★☆

 改めて人生を考えてしまいました。もう、おじさんも55歳、
でも、がんばろうと元気になる映画でした。
 物語は、気丈なイタリア移民のおばさんとドイツ青年とのほのぼの
とした交流と人生再出発物語。
 おばさんは、ブエノスアイレス@アルゼンチンで小さなリストランテ
を経営しそこそこ流行っているが、人生に疲れ店を売って引退しよう
としている。
 そこへ、素朴なドイツ青年が恋人を探しに現れ・・・・・。第二の人生
に向かって歩み出すまで。
 「チャンスは二度あってもいいのだ」というセリフが印象的。
画像

 物語も良かったが出てくるアルゼンチン料理も美味しそうでした。
  
 ケチャップをよこせという客に対し、オリンダは
 「私の味付けに文句あるのか?」(正確には覚えていないので・・)
 =料理人として「味付け=私の人生」という意味?考えすぎか? 

 
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック