テルマエ・ロマエ@チネチッタ(川崎) ★★★☆☆

 GWどこも行かないので、せめて話題の映画でも観ようということで
前評判の高いテルマエ・ロマエをチネチッタで。
 客席はほぼ満席で期待は膨らんだのだが・・・・・。
 画像

 売り文句
 250万部を突破したヤマザキマリの同名コミックが、ついに映画化。
古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、
日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。
 ということだったが。

 前半の銭湯や家庭風呂、ウオシュレットに驚くエピソードとかはコミ
カルで場内爆笑で面白かったが、後半の次期皇帝の風呂の製作を
拒否したりなんだりといところからつまらない話になって残念。

 でも、阿部寛、北村一輝、宍戸開の非常に濃い顔、古代ローマの
中にはいっても違和感なし。ケッサクでした。

 それから、何故?阿部寛がタイムスリップするのかとかが少しでも
説明があれば・・・と思ったが。涙が原因って???

 まあ、夫婦50割引き1,000円で観る分にはOKかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック