菊花賞 反省会

 おめでとう、トーホージャッカルと酒井騎手、
谷調教師!華やかな舞台の経験が少ないので
不安・・とか言っちゃってすみませんでした。
 同厩のサングラスがハイペースで逃げる中を
好位で追走し、直線一気に末脚バクハツ。
 
 勝ちタイム3.01.0は従来の時計を1.7秒も短縮
する驚異のレコードタイム。いくら今の京都は超
高速馬場とは言え驚きのタイムだ。故障していな
ければ良いが・・・・・。
 この馬、東日本大震災の日(2011.3.11)に生ま
れ、2歳時には病気で体重50kgも減って危なかっ
たらしいし、デビューもダービーの前日の3歳の未
勝利戦それも10着、次も9着、やっと3戦目ハナ差
で未勝利勝ち上がり、谷調教師も開業20年目で
G1初勝利、酒井騎手も中央G1初勝利とドラマチッ
クな内容を孕んだ菊花賞でした。

 2着のサウンズオブアースも強かった。社台の
総帥吉田照哉さんの持ち馬。そうだよな、勝てそ
うだとふんだ社台は、そのために非情にも騎手を
藤岡厩舎の息子から蛯名へ変更し、社台の所有
馬イスタボニータを天皇賞へ方向転換。勝負に出
ていたのにな・・・・・。

 しかし、ダービー馬ワンオンは残念。横山騎手
によれば、敗因は不明?、折合いも許容範囲だし
とか・・・でもパドックから返し馬まで汗がしたたり
落ちていたようだ。入れ込みすぎが原因か?
 細江さんにお願いです。「この子は汗っかきだか
ら大丈夫だと思います。」なんてテレビで適当なこ
とは言わないでもらいたい。貴方の言動は馬券の
動向を左右するものであることを認識して欲しい。

 このトーホージャッカル君、今日も舌を出しながら
真面目に走っていないような感じ。是非、この確かな
末脚を直線510mの東京競馬場JCで披露してもらい
たいものだ。
 とにかく、エリートではなく叩上げの型破りの新しい
スターの誕生だね。金髪で見栄えもいいしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック