大アマゾン展@国立科学博物館(上野)

 20日金曜日、大アマゾン展へ行ってきました。
 先週から始まったこの展示会、土日と春休みの混雑を
避けたいと思っていたが、運良くギリギリ春休み前の金
曜日休みが取れたので、ウキウキと出撃。
画像

 アマゾン大好き、特に熱帯魚、ピラルク大好きおじさん
としてはてっきり生き物が展示されており、どんなピラルク
に会えるのか楽しみにしていたのだが・・・・、剥製か・・・・。
 この展示会、パンフをよく見ると「化石、剥製、骨格標本、
映像資料など」となっており、ピラルクが泳いでいるとは
一言も書いていない・・・・。
画像

 大アマゾン展ではなく大アマゾン剥製展だったとは・・・
大きな勘違いでした。妻にも冷笑され・・・・・ウーン・・・。
 剥製だらけの他、化石、原住民の装飾品等があり、それ
なりに楽しむことはできたが、やっぱり・・・・、ただ、4Kの
大迫力映像ではピラルクが大アップで登場し癒され、また、
演出がしょぼかったが珍しい10種類の生きたピラニアの
展示があったこと、それが救いだったかな。
 それから、さかなクンが公式サポーターということで、さか
なクンの描いた絵と等身大マネキンも展示、これは不要。
よっぽど展示品に困ったんだな~と推測。
 とにかく、剥製展であることを認識、理解しても行く人には
OKな展示会だが、動物園、水族館的な感覚を期待する人
は物足りない気がする展示会でしょうか?
 でも、思いもかけない出会いもありました。なんと、40年ぶり
に田舎でも飼っていた「ピパカエル(コモリガエル)」に再会。
画像

 平たくて全然動かない変なカエルなのだが、何か愛嬌があり
好きでした。この地味なカエルがアマゾン代表の爬虫類として
登場するとは・・・、ちょっと嬉しいひと時でした。