横浜マンション傾き事件

 驚いた・・・・。10年後に分かったとは・・・・・。建物の傾きを
三井不動産に訴え続けた結果だそうで、執念の勝利?。
 
 原因は旭化成建材が施工した杭打ちが施工不良。
 しかし、この旭化成建材という会社は、元請けの三井住友
建設の孫請けでその間に日立ハイテクノロジーズという会社
が入っている。
 この日立ハイテクという会社を調べると名前のとおり産業・IT
関係の会社で、杭打ちなんかとは程遠い会社である。こんな
会社が何で子請けで入っているの?
 おそらく、元請けの三井住友建設がマンションのシステム
関係を発注したついで、杭打ち業務をくっつけた?それは
無いと思うが・・・・。
 日立テクノのHPには「工程の進捗確認、現場の安全確保等
を行う一次下請として請け負った」との記載あり。
 今回の事件でもちろん旭化成建材は悪いが、三井住友建設、
日立ハイテクの管理体制が甘かったことも大きな原因では。
とにかく、子請けとして孫請けの専門外の業務の管理なんか
できないの当たり前だろう。

 そして、この孫請けということ自体、儲けが薄いのは簡単に
予想でき・・・・・、従って、儲けを上げるには・・・・・・・・・。 
 
 今後、全4棟建替え(三井不動産)にするのか改修(旭化成
建材)にするのか意見が分かれているようだが、仮に前者だと
700戸のマンションなので解体、再建築、仮住い住居負担等の
費用を含めると数千億円にのぼるものと考えられる。これを
旭化成建材が払うのか?
 そして、イワクつきのマンションとして資産価値も低下、それ
よりも住民の生活は無茶苦茶に・・・・・。
 他人事ではない、我がマンションも大丈夫だろうか?
今回の不動産、工事会社は、業界でも一流ブランドを誇る
そうそうたる会社なのに、内情は杜撰なんだな。

(番外)
 三井不動産、三井住友建設、日立ハイテク、旭化成建材、
旭化成ともHPのお詫びは言葉の使い方が違うのでは?
 この期に及んで、往生際が悪い~。
  ・施工の不具合=×、   悪意のある施工不良○
  ・データの転用・加筆=×、データの改ざん=○



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

引退した建築屋
2015年10月17日 17:42
とにかく知識不足。過去にそのような事例はあった
そのときの担当者は杭について知識が無かった。
その様な人が資格を持ち現場監理していただけ。
その人は経験で資格を取り勉強はしてこなかった
のでしょう。建築施工で経験15年はまだまだです。
私の場合は暇さえあれば建築の本を読んでいた。
その様にして統括所長になったのは20年後です
資格を取れば終わりの現在の建築行政では
そのような事件は起きます。(元請も同様ですが)

この記事へのトラックバック