今年の競馬 外人騎手大活躍 

 今年の競馬は外人騎手が大活躍。
 その筆頭はC・ルメール。武豊以来の大記録200勝
には後一歩届かなかったが、堂々のリーデング獲得。
 日本ダービーの向こう正面からのまくりは語り草に。
  ・重賞14勝(内G1・4勝)、特別54勝。
  ・勝率.246、連対率.417、複勝率.548
  ・獲得賞金:44億円
 凄い・・・・・・。4回に1回勝利、連帯率は5回に2回、
複勝は2回に1回以上。配当は別にして、ワイド、複勝を
買い続ければ損は無さそう。
 獲得賞金の5%が騎手の取り分、ということは2.2億円
その他、出走手当て、調教手当て、もちろん馬主からの
ご祝儀はいかほどか?

 もう一人はM・デムーロ。少々、荒っぽく、ダーディな
騎乗もあるが、勝利への技術は間違いなし。
  ・重賞13勝(内G1・5勝)、特別53勝。
  ・勝率.257、連対率.412、複勝率.530
  ・獲得賞金:40億円
 こちらも凄い。ルメールとどっこいどっこいの成績。

 なにせ、両者とも日本語の騎手試験をパスしたほどで
気合が違う。
 この実績と技術的な信頼性で、サンデーや社台等の
大オーナーをはじめ、騎乗依頼が益々増加することは
確実。
 また、短期免許で世界の名手ムーアやボウマンなどが
続々、来日。
 日本の騎手はどうするんだ?
 今年の日本ダービー4コーナー手前でルメールの迫力に
押されて前を開けるようでは、勝てないだろうな。
(NHKのドキュメンタリーで丹内騎手が証言していました。
その後ろにいた武豊もまさかとビックリしたとのこと)
 来年はがんばってくれよ!日本人騎手。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック