エヴェレスト 神々の山嶺@チネチッタ ★★★★☆

 お薦めの映画です。
 かっこいいー、羽生丈二(阿部寛)、孤高の天才
登山家を見事に熱演。他の出演者、岡田くんも
霞んでしまうほど・・・・・。
 とにかく、この映画は劇場の大画面でみるべき、
エベレストの迫力は圧巻、そそり立つ氷壁に圧倒
されました。
 ツッコミどころは結構あるが、そんなチマチマした
ものを吹っ飛ばしてしまうほどの大スケールでした。
画像

 撮影隊は、標高5200mのカトマンズで10日間ほど
体を慣らした後、エベレストの6000m地点で撮影が
行われたとのこと。
撮影隊も決死の覚悟、その心意気も画面に十分に
表れておりました。
 実際、富士山頂(3700m、気圧は平地の2/3)でも
酸素が少なく、ちょっと早足になると苦しかった思い
出があるが、その倍近い高地での撮影は想像以上
の苦しさだったのでは・・・・。

 このエベレスト、ベストシーズンの5月には300~
400人が登頂して、頂上付近では渋滞もありとのこと。
芸人のイモトやナスビも登頂を目指したとか聞くと
大したことはないように思えるが、一般ルートは
登山のノウハウも確立されており、ある程度の
経験者であれば成功率は高いようだ。危ないのは、
新ルート開拓かなんかで危険がいっぱいとのこと。
 登頂には入山料110万円を含め最低700から
800万円がかかり30日以上の日数が必要だそうだ。
 それに登頂ルートには死体がごろごろあるそうだ。
 暇はあるが、お金と気力に乏しいおじさんは、絶対
に登らないだろう。

"エヴェレスト 神々の山嶺@チネチッタ ★★★★☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント